Last Update 2012.05.01
アクセスカウンター

Since 2012.05.01

WinPcapを使ったパケット制御。
(先にWinPcapをインストールして置いて下さい)
一定の上がりByte数を超えると指定したサービスを停止させます。
下りは表示しているだけで得に何も使っていません。
FTPサーバなどをWindowsで立てていて一定Byte超えたらサービスを停止させ、FTPサーバを終了させるなどの時に使うと便利です。
あくまで上がりのみですので、下りは現時点では対応していません。
数値は獲得可能なので、要望があれば下りも対応するかもしれません。

サービス名は、サービスの画面でプロパティを開くと一番上にサービス名という項目があるのでそれがサービス名になります。



「サービス停止Byte」で指定したByte数を「UP」の数値が超えたら「サービス名」で書かれているサービスを停止させます。
「サービス監視」ボタンを押すと監視が開始されパケットチェックを開始します。
「サービス停止Byte」を超えたら指定されたサービスを停止します。

再び、監視を再開させたい時は、
「サービス開始」ボタンを押して、「UP、DL値リセット」ボタンを押してから、「サービス監視」ボタンを押します。
停止している時は「サービス監視」ボタンが「サービス停止中」に表示が変わっています。
上の手順を踏んで、「サービス監視」ボタンを押すと「サービス監視中」に表示が変わります。

最小化すると、タスクバーからは消えて、システムタスクトレイに載ります。
復帰したい時はシステムタスクトレイのアイコンをクリックして下さい。

ダウンロード

パケットブロッキング Ver 0.2